Web3セクター、2024年上半期にハッキングや詐欺で15億4000万ドルの損失を被る

By PANews – 2024/07/01 10:18:38 (JST)

2024年上半期、Web3セクターはハッカー攻撃、フィッシング詐欺、Rug Pull事件による総損失が15億4000万ドルに達した。主な攻撃事件は78件で約119.3億ドルの損失、Rug Pull事件は64件で約119億ドルの損失、フィッシング詐欺による損失は約232億ドルだった。2024年5月が最も損失が高く、45億ドルに達した。

攻撃されたプロジェクトの中で、CEXカテゴリーが最も高い損失を被り、4件の攻撃で約392億ドルの損失を記録し、全攻撃損失の32.8%を占めた。最も標的とされたブロックチェーンはEthereumで、32件の攻撃で47億ドルの損失を被り、全損失の39.4%を占めた。プライベートキーの漏洩が最も一般的な攻撃手法で、22件の事件で894億ドルの損失を引き起こし、全攻撃損失の約75%を占めた。

資金回収に関して、盗まれた資金の約47億ドル(39.3%)が凍結または回収され、前年比で大幅に増加したことが示された。78件の攻撃事件のうち、43件は契約の脆弱性に起因し、プロジェクトチームが展開前に専門のセキュリティ監査を実施する重要性が強調された。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: