Northern Data、AI部門の米国IPOで160億ドルの評価を検討

By PANews – 2024/07/02 10:12:47 (JST)

Northern Data AGは、AIクラウドコンピューティングおよびデータセンタービジネスを統合し、最大160億ドルの評価での米国IPOを検討しています。同社はこの動きについてアドバイザーや機関と協議中であり、IPOは来年上半期に実施される可能性があります。IPOの評価見積もりは100億ドルから160億ドルの範囲内であり、上場前にこれらのユニットの少数株を投資家に売却する可能性があります。

Northern Dataの株価は今年5%下落し、時価総額は約14億ドルです。同社は以前、クラウドコンピューティング部門の別々のIPOを検討し、米国でビットコインマイニングビジネスを上場する計画を立てていました。米国のビットコインマイニング部門であるPeak Miningは、容量が約700メガワットのデータセンターを積極的に建設中であり、米国内で最大の仮想通貨マイニング企業の1つとして位置付けられています。しかし、仮想通貨マイニングの収益性の低下により、同社はデータセンターをAIアプリケーションをサポートするために再利用する方向に舵を切っています。

最近の動向では、Northern Dataは重要な債務金融を確保し、運営を支援するために取引を完了しました。同社はTether Groupから5億7500万ユーロの債務金融取引を獲得し、Tetherから4億ユーロ相当の投資証券を取得しました。これらの資金はNVIDIAチップの購入に活用され、今夏末までに約2万個のH100 AIチップを展開する予定です。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: