スタートアップ企業ロンバード、1億6000万ドルの資金調達でビットコインを生産的資産に変革

By PANews – 2024/07/02 23:06:18 (JST)

スタートアップ企業ロンバードは、ビットコインを基にした再担保化機能を導入するために1億6000万ドルの資金調達を確保しました。この取り組みは、ビットコインをWeb3経済内で生産的資産に変革することを目指しています。資金調達ラウンドはPolychain Capitalが主導し、BabylonChain、dao5、Franklin Templetonなどが参加しました。ロンバードは、Babylonのセキュリティ技術を活用して、「Liquid Bitcoin」トークン(LBTC)を導入し、ユーザーがビットコインを担保にして他のネットワークを保護しながら流動性を確保できるようにします。

LBTCの導入により、ビットコイン1.3兆ドル以上が貸出や取引目的で活用される見込みです。この動きにより、ビットコイン保有者、エコシステム、DeFiプロトコルに新たな資本機会とユーザーが生まれます。ロンバードの取り組みは、ビットコインを単なる価値保存手段から進化させ、持続可能な成長を促進することを目指しています。Polychain Capitalや他の主要プレーヤーとの協力は、ビットコインをさまざまなエコシステムやDeFiプラットフォームに統合し、デジタル経済における役割を強化する重要な一歩となります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: