RedStone、1500万ドルのシリーズAラウンドで調達し、リステイキングセクターに拡大

By CoinDesk – 2024/07/02 23:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
RedStoneがArrington Capital主導で1500万ドルのシリーズA資金調達を確保

新しい記事と類似した記事の両方が、Arrington Capitalが主導するRedStoneの1500万ドルのシリーズAラウンドを報じ、チームの拡大とイーサリアムの再ステーキング部門への参入を意図していることを報告しています。両方の記事は、SevenXやIOSG Venturesなどの他の投資家の参加を言及しています。また、RedStoneがEther.fiとの提携や様々なブロックチェーンネットワーク全体でのオラクルサービスを強調しています。しかし、新しい記事は、Ethereum、zkSync Era、AvalancheなどのプラットフォームでRedStoneのオラクルが利用されているという情報を提供しており、これは類似した記事には記載されていません。したがって、全体的な内容は似ていますが、新しい記事には類似した記事にはない新しい事実が含まれています。

RedStone、Arrington Capital主導のシリーズAラウンドで1500万ドルを調達。資金はチーム拡大に活用され、SevenX、IOSG Venturesなどが参加し、Ethereumのリステイキングセクター参入を支援。CEOのJakub Wojciechowski氏は、技術的課題と市場機会を強調し、RedStoneのオラクルはリステイキングだけでなく、Ethereum、zkSync Era、Avalancheなどのプラットフォームでも利用されている。Ether.fiとの提携により、RedStoneは市場での地位を強化し、リキッドリステイキングトークンの価格ポイント提供の複雑さに対処するモジュラーデザインとビジネス戦略を展開し、成長する市場での主要プレーヤーとしての地位を確立。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: