ビットコイン(BTC)ETF、価格の変動にも関わらず強い流入を記録

By CoinDesk – 2024/07/03 01:40:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoin(BTC)ブル達、7月にETFが130百万ドルの流入を記録
BitcoinスポットETF、7304.54万ドルの純流入、4日連続の成長

新しい記事では、6月のスポットビットコインETFへの純流入について取り上げられており、特にBlackRockのiShares Bitcoin TrustとGrayscale Bitcoin Trustに焦点を当てています。また、スポットイーサリアムETFの潜在的な影響と暗号通貨の広範な受容についても言及しています。最初の類似記事は、7月のBitcoin ETFへの流入、Bitcoinのパフォーマンス、およびイーサリアムを追跡する取引所上場商品からの流出について述べています。また、アメリカにおけるスポットイーサリアムETFの可能性についても議論しています。2番目の類似記事は、6月28日のBitcoinスポットETFへの純流入に焦点を当て、GrayscaleのGBTCとBlackRockのIBITに関する具体的な詳細を提供しています。記事間には重複するテーマがありますが、新しい記事は6月の純流入に関する具体的な情報と、類似記事では取り上げられていないスポットイーサリアムETFの潜在的な影響について提供しています。したがって、新しい記事には新しい事実と分析が含まれています。

6月、スポットビットコインETFはビットコイン価格が7%下落したにも関わらず、純流入額が7億9000万ドルを記録しました。最大のスポットETFであるブラックロックのiShares Bitcoin Trustは、Grayscale Bitcoin Trustからの大規模な流出に対抗して、10億ドル以上の流入を集めました。この好調なトレンドは、4月にスポットファンドが15%の価格下落に直面し流出したのとは対照的です。

ブルームバーグ・インテリジェンスのシニアETFアナリストは、年配投資家である「ベイビーブーマー」が強固なホルダーであることを指摘し、投機的投資家がETF資産の成長を牽引しているという考えに疑問を投げかけています。6月のプラスの流入は、スポットイーサリアムETFの期待と関連しており、規制当局や発行者が積極的に承認を追求している可能性があります。イーサリアムETFの登場はビットコインファンドに影響を与える可能性がありますが、金融システムにおける仮想通貨の規制受け入れを示唆しています。

報告によると、イーサリアムETF発行者は7月8日までに重要な申請書を再提出する見通しであり、ETFが今月中に開始される可能性が高まっています。この動きは、暗号通貨ETFへの関心の高まりを反映し、従来の金融枠組み内でデジタル資産の広範な受け入れに向けた変化を示唆しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: