Obol Labsが分散型バリデータ技術を推進する業界団体を設立

By CoinDesk – 2024/07/03 22:10:06 (JST)

Obol Labsは、Ethereumネットワーク内で分散型バリデータ技術を推進するObol Collectiveを設立しました。この取り組みは、ステーキングプロトコル、クライアントチーム、およびノードオペレーターなど、さまざまなステークホルダーを巻き込むことでセキュリティと分散化を向上させることを目的としています。Obolが提供する分散型バリデータ技術により、バリデータはハードウェアの制御を複数の当事者に分散させることが可能となり、障害や悪意ある行為に対する耐久性が向上します。

Obol Associationは、CEO Thomas Heremansが率いるCollectiveの取り組みを支援し、分散型バリデータを通じてEthereumのコンセンサス層を強化することを目指しています。米国の規制当局が初めてイーサ取引所上場ファンドを承認したことで、分散型バリデータ技術の重要性が浮き彫りになりました。Obolは、ステーキング報酬の一部を後方ステーキングファンドに割り当て、Collectiveメンバーへのファンド分配のためのコミュニティガバナンスプロセスを確立する計画です。

ObolのDVT技術は、Ethereumの主要なステーキングプールであるLidoなどの主要プレーヤーの間で注目を集めています。多くのバリデータは従来のハードウェアで運用していますが、Obolの分散型バリデータはセキュリティと分散化が向上し、クライアントの問題やキーの誤管理に対する保護が優先される段階に向かっています。Collectiveの取り組みは、リスクを軽減し、Ethereumネットワーク内のより強固なコンセンサス層を推進することを目指しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: