ビットコインのスポットETFが総取引高の四分の一を占める、CryptoQuantのCEOが述べる

By PANews – 2024/07/04 22:00:23 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコイン(BTC)ETF、価格の変動にも関わらず強い流入を記録

新しい記事は、ビットコイン現物ETFが総現物取引量に与える影響について取り上げており、そのうち25%がこれらのETFに帰属していると述べています。また、市場の成熟段階とビットコイン現物ETFの成長の可能性に言及しています。一方、類似の記事は、6月の現物ビットコインETFへの流入と現物イーサETFの期待に焦点を当てています。両記事ともビットコインETFについて議論していますが、異なる視点と情報を提供しています。新しい記事は市場全体とビットコイン現物ETFの役割について広い視野を提供している一方、類似の記事は流入データとイーサETFの潜在的影響に関する具体的な情報を提供しています。したがって、新しい記事には類似の記事に含まれていない新しい事実と分析が含まれています。

CryptoQuantのCEOであるKi Young Juによると、BitcoinのスポットETFは総取引高の25%を占めています。彼は、今回の資金源はより成熟しており、今後もさらに成熟した資金が市場に参入することが期待されていると述べました。ETFの登場は、金ETFからの取引量を引き付ける上で重要であり、現在のBitcoin取引量は先物取引が主導しています。

Ju氏は、市場が成熟期にあり、大量の機関資本が参入する準備が整っていると強調しました。彼は、通常、成熟した資金は長期的な保有能力を持っており、市場の将来の発展に対する前向きな展望を示しています。現在、Bitcoinの取引量は主に先物取引であり、一方、金の取引量は主にETFであり、BitcoinのスポットETFの成長の可能性を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: