US ETFを超える多様な暗号通貨投資の世界を探る

By Blockworks – 2024/07/04 22:45:00 (JST)

米国上場のETFを超える世界について述べたEmpireニュースレターは、ビットコインやイーサリアムなどの暗号通貨投資商品における著しい資産運用を強調しています。米国がイーサリアムETFのSEC承認を待つ中、ソラナ、BNB、イーサリアムクラシック、ライトコインなどの暗号通貨で裏付けられたさまざまなETP、ETN、ETCが米国とヨーロッパで展開されています。ソラナ、ton、near、livepeer、maker、celestiaなどの一部のトークンは、過去1年間でS&P 500を上回る200%以上のリターンを示しています。

一部のトークンが成功を収めている一方で、過去1年間に一部の暗号通貨が赤字になっていることもあります。これらのトークンを保有する商品は、基礎となる資産と乖離する可能性がありますが、トークン全体のパフォーマンスは引き続き有望です。伝統的な投資商品がさまざまな暗号通貨に関心を示している一方で、市場は不安定で結果が予測不能であるため、注意が必要です。

ニュースレターは、投資に適した暗号通貨を選択する重要性を強調しており、一部のトークンが印象的なリターンを示す一方で、他のトークンが苦戦していることを指摘しています。暗号通貨、マクロ経済、政策、ファイナンスの交差点が拡大する中、投資家はデジタル資産の進化する風景を航海する際に情報を得て慎重である必要があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: