米下院、SECのSAB 121決議のバイデン拒否を覆す投票を計画

By PANews – 2024/07/06 11:11:11 (JST)

米下院は、大統領バイデンがSECのSAB 121決議を拒否したことを覆す投票を計画しており、これは暗号通貨の保管会計基準に影響を与える。この決議は、保管会社に顧客の暗号通貨を負債として記載することを義務付けるSAB 121を逆転させることを目的としている。この動きにより、デジタル資産の保護に対する業界の懸念が高まっている。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: