フランス、選挙後にハング議会、暗号通貨規制が危機に直面

By CoinDesk – 2024/07/08 17:20:06 (JST)

フランスの総選挙は、左派の新しい人気戦線が最多の議席を獲得したものの、過半数には届かず、ハング議会となりました。マクロン大統領の中道派アンサンブル連合は161議席を獲得し、極右のナショナル・ラリー(Marine Le Pen率いる)は141議席で3位となりました。暗号通貨規制を含む新政策の策定には、明確な過半数の不足から課題が生じる可能性があります。

初回投票後、各党間で戦略的協力が始まり、フランスの政治情勢はより不確実なものとなりました。この協力は、ナショナル・ラリーに対する反対票の分裂を防ぐことを目的としています。この状況は、暗号資産に関連する新しい規制を含む法律の制定を複雑化させる可能性があります。これは、暗号通貨イノベーション評議会のマーク・フォスターが指摘しています。

政治的な不確実性にもかかわらず、フランスは暗号通貨分野で進展を遂げており、昨年74社の暗号通貨企業を登録し、この数を100社に増やす計画です。規制当局は、より多くのデジタル資産企業を引き寄せる取り組みを行っており、EUの暗号資産規制、例えばステーブルコインに関するMiCA規則の施行が始まっています。年末までにさらなる暗号通貨規制が実施される見通しです。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: