Aurosがベンチャーキャピタル部門を立ち上げ、初期段階の暗号プロジェクトに5,000万ドルを投資計画

By CoinDesk – 2024/07/09 11:00:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
AurosがAuros Venturesを通じて5,000万ドルを仮想通貨スタートアップに投資

この記事と類似した記事の両方が、Julien Auchecorne率いる新しいベンチャーキャピタル部門を通じて、Aurosが次の2年間で初期段階のデジタル資産ベンチャーに5000万ドルを投資する計画について取り上げています。両方の記事はまた、Aurosがベンチャーキャピタル部門を設立する前に様々なプロジェクトに約2000万ドルを投資していたことを述べています。さらに、両方の記事は、Aurosが世界の暗号通貨取引量の約4%を取り扱っていることを強調しています。唯一の違いは、この記事には記載されていないCEOのBen Rothが類似した記事に記載されている点です。ただし、これは新たな事実や分析を構成するものではありません。したがって、この記事と類似した記事で提示されている全体の内容と事実は同じです。

Aurosがベンチャーキャピタル部門を立ち上げ、次の2年間で初期段階のデジタル資産ベンチャーに5,000万ドル以上を投資することを目指しています。以前はBrevan HowardやXBTO Internationalで活動していたJulien Auchecorneが投資活動を率います。この動きは、2022年のFTXの崩壊後の資本不足に続く、2024年上半期に暗号VC投資が回復したことと合わせて行われ、Aurosは世界の暗号取引量の4%を処理していると推定されています。

Aurosのベンチャーキャピタル部門は、Auchecorne率いることで、シードおよびシリーズA段階のプロジェクトに集中的な賭けをすることを重点としており、次の10億人のユーザーを暗号に引き付けることを目指しています。同社は、投資を市場メーカー事業の顧客獲得ツールとしてではなく、ポートフォリオ企業との戦略的パートナーシップ形成を目指しています。ベンチャーキャピタル部門を設立する前に、Aurosは既に2023年第3四半期以降にPythやBerachainなどのプロジェクトに約2,000万ドルを投資していました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: