Bitcoin(BTC)ETF、売り圧にも関わらず強い買い活動

By CoinDesk – 2024/07/09 16:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
Bitcoin(BTC)価格の下落がスポットETFの購入を促す
Bitcoin(BTC)が60,000ドルを下回るとETFの清算波が引き起こされる可能性:アナリスト

最新の記事では、ビットコインETFへの最近の買い活動に焦点を当て、約3億ドルの純流入が6月以来の最高水準であることが取り上げられています。また、Mt. Goxの返済などからのビットコインへの売り圧力や、ドイツの機関が数百万ドル相当のBTCを取引所に移動させることが言及されています。同様の記事では、ビットコインETFへの買い活動、Mt. Goxの返済やドイツ政府からの売り圧力、そしてビットコイン価格への影響などが取り上げられています。しかし、最新の記事では、ブラックロックのIBITが1億8000万ドルの流入をリードし、GrayscaleのGBTCが2,500万ドル以上の購入を記録しているなど、より最新で詳細な数字が提供されています。したがって、全体的な内容は似ていますが、新しい記事には同様の記事に含まれていなかった新しい事実や数字が含まれています。

ビットコイン(BTC)のETFは今週、約3億ドルの純流入を記録し、BTCが7万ドルを超えた6月以来の最高額となりました。BlackRockのIBITが18億ドルの流入をリードし、その後にFidelityのFBTCが続きました。アウトフローで知られるGrayscaleのGBTCも2500万ドル以上の購入がありました。Invesco、Franklin Templeton、Valkyrie、WisdomTree、Hashdexなどの他のETFは活動がありませんでした。買いの急増は、Mt. Goxの返済やドイツの機関が数百万ドル相当のBTCを取引所に移動するなど、ビットコインに対する売り圧と重なっています。一部の投資家は、CoinSharesによると、この売り圧を買いの機会と見なしています。デジタル資産投資商品は4億4100万ドルの流入を記録し、週間のETP取引高は79億ドルで、夏の月に典型的な低い水準でした。トレーダーは、歴史的に平均9%のリターンをもたらすとされるクリプト市場において、7月は一般的に強気の月であると予想しています。この好調なトレンドは続く見込みであり、Mt. Goxやドイツ政府による売り圧による最近の価格の弱さから生じた機会を投資家が活用することが期待されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: