TelegramでのTap-to-Earnゲームが暗号通貨の普及を革新

By CoinDesk – 2024/07/09 16:30:05 (JST)

Tap-to-Earn(T2E)ゲームの台頭は、失敗したPlay-to-Earn(P2E)モデルからの大きな転換点を示しており、ユーザーに暗号通貨を迅速かつ簡単に獲得する方法を提供することに焦点を当てています。これらのゲームは、Telegramなどのソーシャルプラットフォームを活用してユーザーを引き付け、アクセスしやすいゲームプレイを提供し、印象的なユーザー数を誇っています。Hamster Kombat、TapSwap、Yescoinなどの注目すべき例があり、これらはTelegramのWeb3エコシステム内で大規模な採用を推進する主要プレーヤーと見なされています。

Tap-to-Earnゲームの成功は、そのシンプルさ、魅力的なゲームプレイ、エアドロップなどのコミュニティ主導のインセンティブにあります。ソーシャルレイヤーを活用し、プレーヤー同士の相互作用を促進することで、これらのゲームは大規模なユーザーベースを引き付け、ユーザーの定着を促進しています。さらに、これらのゲームでTONのブロックチェーンを選択した理由は、Telegramへの簡単なオンボーディングと提供する技術的な利点に起因し、市場での成功にさらに貢献しています。

ゲームを超えて、Tap-to-Earnアプローチはさまざまなアプリケーションで採用されており、これはオンボーディングツールとしての効果や収益源としての有効性を示しています。このトレンドの持続可能性やユーザートラフィックの質については疑問が残りますが、Notcoinなどのプロジェクトがオンチェーンのメトリクスとユーザーエンゲージメントを維持する成功は、Tap-to-Earnが暗号空間での推進力としての潜在能力を示しています。業界が進化を続ける中、Web3における大規模な採用の未来は、これら革新的で魅力的なTap-to-Earnモデルの成功と密接に関連しているようです。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: