DePINsの進化:分散型物理インフラネットワークにおける革新と戦略

By CoinDesk – 2024/07/09 23:00:09 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
DePIN: Web3と実世界アプリケーションの架け橋

新しい記事は、DePINの進化に焦点を当てており、需要を早い段階で確保する戦略の変化、既存のハードウェアや日常活動の活用による供給側の成長促進、そして迅速な意思決定と製品市場適合性のために起業家が採用した初期の中央集権的アプローチを強調しています。また、この変化の例として、SpexiやNatixなどの具体的なプロジェクトも言及されています。一方、別の類似記事では、暗号空間におけるDePIN運動、その課題、そして現実世界の課題に対処するための新しい考え方の必要性について議論されています。両方の記事がDePINについて取り上げていますが、焦点や提供される詳細は異なります。新しい記事は、DePIN空間における具体的な戦略やプロジェクトなど、類似記事でカバーされていない新しい事実や洞察を提供しています。

DePINとは、分散型物理インフラネットワークの略称で、近年目覚ましい成長と変貌を遂げている。現世代のDePINは、プロセスの早い段階で需要を確保することに重点を置いていることが特徴であり、供給が需要を上回ることがしばしばあった初期の反復が直面していた課題とは一線を画している。Spexiのようなプロジェクトは、トークン発電イベント(TGE)の前に大規模な需要契約を積極的に確保し、既存の需要シグナルに基づいて供給側の拡大に戦略的にインセンティブを与えることで、この転換を例証している。

このDePINの新時代において、プロジェクトは既存のハードウェアや日常的な活動を活用することで、供給側の成長を加速させるイノベーションを起こしている。例えば、Natixは、自動車に搭載されたスマートフォンをダッシュカメラとして創造的に活用し、街角の画像を撮影することで、新たな行動を動機付けるためのトークンインセンティブだけに頼るのではなく、日常生活に既に根付いている行動を活用している。紹介プログラムやポイントシステムなどのインセンティブメカニズムは、DePINエコシステム内の成長を促進する上で極めて重要な役割を果たしている。これらの戦略は、参加に対する報酬や評価を提供することで、貢献者を惹きつけ、ネットワークの拡大を促進する上で効果的であることが証明されている。

DePIN分野の起業家や創設者は、3DOSの背後にいる先見者のように、プロジェクトの初期段階で集中型のアプローチを採用し、迅速な意思決定を促進し、製品市場適合を迅速に達成している。当初は中央集権的な管理を優先することで、これらの先駆者たちは進捗を迅速化し、需要と供給を効果的に拡大し、分散型モデルに移行する前に収益を上げることを目指している。DePIN業界は、需要の強化、供給サイドの成長の最適化、そして現実世界での具体的なインパクトと成功を促進するための製品市場適合の達成に強く焦点を当てながら、進化を続けている。DePINの将来は、さらなる革新と進歩が約束されており、継続的な反復と学習が、暗号業界におけるこのインパクトのあるセクターの軌跡を形作っている。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: