ドイツのザクセン州が批判を受けながら差し押さえたビットコインを売却

By CoinDesk – 2024/07/10 04:10:06 (JST)

ドイツはビットコインを直接売却していません。今年初めに押収された仮想通貨の約30億ドル相当を売却しているのはザクセン州です。ビットコインの売却は仮想通貨愛好家から批判を受けていますが、これは犯罪捜査で押収された資産の標準的な処理手続きです。ドイツ連邦刑事警察庁が売却を担当し、資産はKrakenやCoinbaseなどの取引所で売却されています。

押収されたビットコインを売却する決定は、ドイツの投資戦略の反映ではなく、押収された資産を処分するための標準的な手続きです。売却はザクセン州の検察庁が管理し、一定期間内にこのような資産を売却する責任があります。売却は通常よりも大規模ですが、押収された資産の標準的な手続きの一環です。ビットコインを取り扱うBKAの関与は、初期捜査からの技術的な専門知識によるものかもしれませんが、決定権はザクセン州にあります。

ザクセン州が一度に大量のビットコインを売却しようとした試みは課題に直面しており、取引所から2億ドルが需要不足のため返却されました。ビットコインの価格変動や資産価値への影響を考慮する必要があります。押収された資産の売却手続きは通常、裁判官の承認が必要ですが、資産の価値が急速に低下する可能性がある場合や保管が困難な場合など、緊急売却が要請されることがあります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: