BitcoinにおけるMiner Extractable Value(MEV)の課題と懸念

By CoinDesk – 2024/07/10 10:30:06 (JST)

BitcoinにおけるMiner Extractable Value(MEV)の拡大は、Automated Market Makers(AMMs)を介して行われ、ユーザーは中央集権的な仲介者なしで資産を取引できます。これらのAMMsは、本人確認なしで取引が可能であり、初期資本を引き付け、利便性を提供しています。しかし、プライベートメンプールが発生し、ブロックチェーン上で権限の中央集権化が進む可能性に関する懸念が生じています。

BitcoinにおけるMEVは、Ethereumのより明白な形態(フロントランニングなど)とは異なりますが、依然として課題を提起しています。マイナーは、非標準取引を受け入れるなどの機会を模索し、インセンティブの不透明さや取引処理における新たな中間者の出現に関する懸念が高まっています。プライベートメンプールがBitcoin取引の制御を統合するリスクは、ネットワーク参加者が中央集権化を防ぐために警戒する必要性を強調しています。

BitcoinにおけるMEVの実践が進化する中、業界は潜在的な中央集権化を防ぎ、ブロックチェーンの分散性を維持するために警戒を怠るべきではありません。新たなMEV形態の出現は、検討と問題解決の重要性を強調し、ネットワーク上での検閲耐性と分散型ガバナンスの原則を維持するための取り組みの重要性を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: