カンボジアのHuione Guaranteeが11億ドルのグローバルクリプト詐欺を容認との疑惑

By CoinDesk – 2024/07/10 20:50:05 (JST)

カンボジアのHuione Guaranteeは、国の支配者ファミリーと関連するオンライン金融プラットフォームで、Wiredによって11億ドル相当のグローバル詐欺を容認していると非難されました。このプラットフォームは、主にTelegramを通じたピアツーピア取引で行われる、豚肉詐欺、ディープフェイク詐欺、マネーロンダリングなどのさまざまな詐欺を支援していると報じられています。Ellipticという暗号トレーシング企業は、オンライン詐欺者を支援する役割を強調しました。

Ellipticの共同創設者であるTom Robinsonは、Huione Guaranteeが詐欺者向けのマーケットプレイスに進化していることに懸念を表明しました。このプラットフォームは、カンボジアの支配者ファミリーであるフン家と関連するHuione Groupに属しており、カンボジアの首相であるフン・マネットも含まれています。Huione Guaranteeの関係者に連絡を試みましたが、閉鎖されたTelegramアドレスやメールへの返信がなく、カンボジアの内閣はコメントを提供していませんでした。

Huione Guaranteeなどのプラットフォームによって容認される詐欺の普及に対応して、Coinbase、Kraken、Meta、Ripple、Tinder、Hingeなどの企業によって「Tech Against Scams」という連合が結成されました。マネーロンダリングにおけるUSDTの人気は、以前に国連薬物犯罪事務所によって強調されましたが、USDTの発行者であるTetherはこれらの主張を否定し、違法活動の受動的な観察ではなく、直接的な介入の重要性を強調しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: