ゴールドマン・サックス、3つのトークン化プロジェクトを計画し、暗号通貨事業を拡大

By PANews – 2024/07/10 22:36:39 (JST)

ゴールドマン・サックスは、マシュー・マクダーモット率いるチームによって、今年末までに3つのトークン化プロジェクトを立ち上げる予定であり、これにより同社は暗号通貨セクターへの進出を果たすことになります。これらのプロジェクトは主要顧客との協力によって開発され、投資家の希望や要望に対応することを目指しています。マクダーモット氏は、ロンドンで開催された最近のデジタルアセットサミットで500人以上の参加者が集まり、魅力的な製品を作り、顧客からフィードバックを収集する重要性を強調しました。

3つのトークン化プロジェクトの詳細は明らかにされていませんが、マクダーモット氏は、1つは米国のファンド複合体に焦点を当て、もう1つはヨーロッパでの債券発行に焦点を当てる可能性があることを示唆しました。米国大統領選挙が近づく中、暗号通貨市場の規制が変わる可能性がある中、ゴールドマン・サックスは、スポットの暗号通貨資産を保有するなど、オファリングを拡大する機会を見出しています。マクダーモット氏は、規制当局の承認を待つカストディやサブカストディなどの分野に興味を示し、市場状況や顧客ニーズの変化に積極的に対応する姿勢を示しました。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: