Jump Trading、FTX Estateを$264MのSerumトークンローン紛争で提訴

By CoinDesk – 2024/07/11 15:20:06 (JST)

Jump Tradingの子会社であるTai Ho Shanが、FTX破産管財団を提訴し、Alamedaが800百万のSerum(SRM)トークンを提供しなかったと主張し、損害賠償として2億6400万ドルを求めています。一方、Alamedaは、ローンが開始されなかったため、その主張は無効であると主張しています。SRMは分散型取引所Serumのネイティブトークンであり、Jump Tradingはそれに大きく投資し、市場メイキングサービスを提供していました。DEXの崩壊は、FTXが2022年11月に破産した後に続き、取引所が主張されていたほど分散化されていなかったことを明らかにしました。市場データによると、問題となっている800百万のSRMトークンは、総供給量の大部分を占めることになります。Jump Tradingは、SRMの市場価格や暗黙のボラティリティなどのさまざまな要因を使用して、FTX-Alameda管財団がオプションモデルに基づいて2億6400万ドル以上の損害賠償を支払うべきだと主張しています。FTX-Alamedaの破産管財団は、Alamedaが合意した通りにSRMトークンを提供しなかったため、ローン契約が履行されなかったと述べて主張を否定しています。彼らは、Jump Tradingが提示した損害賠償計算を支持せず、サポートされておらず、欠陥のあるオプションモデルに基づいていると指摘しています。さらに、管財団は、Tai Mo Shanによる潜在的な不正転送について懸念を表明し、ローン契約における指定された担保や考慮事項の欠如に疑問を呈しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: