暗号通貨の期待指数がビットコインのブルマーケットリセットを示唆

By CoinDesk – 2024/07/11 20:10:06 (JST)

⚠️以下の既報と重複箇所が多い記事です
仮想通貨の投機指数がブルマーケットの再開を示唆

この記事と類似した記事の両方が、暗号スペキュレーション指数の低下とそれがビットコインの強気相場リセットに与える影響について論じています。両方の記事は、過去90日間でビットコインを上回るアルトコインの割合が1月の約60%から10%未満に低下したことを取り上げています。また、低スペキュレーション指数レベルの期間の後に重要なビットコイン価格の急騰が起こるという歴史的な傾向を強調しています。さらに、両方の記事は、既存のアルトコイン(14,800以上)の数と実世界での有用性を示す苦労を取り上げ、それらを投機的資産として分類しています。両記事で言及されているビットコインの価格は、第1四半期に70,000ドルを超える高値と現在の58,000ドルと同じです。したがって、この記事で新たに提示された事実や数字は、すでに類似した記事で取り上げられていたものと同じです。

Capriole Investmentsの暗号通貨投機指数は、特にオルトコインにおける過剰な活動の減少を示しており、今年初めに見られた高い水準と比較しています。この投機の減少は、第1四半期に7万ドルを超える記録的な高値に達したビットコイン(BTC)ブルマーケットのリセットの可能性を示唆しています。投機指数は、90日間の期間でビットコインを上回るオルトコインの割合を追跡し、1月の約60%のピークから10%未満に低下しています。存在するオルトコインは14,800以上あり、これらの多くは実用性を証明するのに苦労しており、それらを投機的資産として位置付けています。過剰な投機からの転換は、長期的にはより健全な市場環境の構築への道を開くポジティブな展開と見なされています。過去、低い投機指数レベルの期間は、重要なビットコイン価格の急騰の前触れとなり、ブルな価格行動の復活の兆候となっています。これらの投機的な洗い出しは、資産価格を基本的なファンダメンタルズと調整し、過剰な熱狂を抑えるための必要な修正と見なされており、最終的には暗号通貨のより持続可能な市場環境を育むものとされています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: