Compound Financeのフロントエンドがフィッシング攻撃で侵害される

By CoinDesk – 2024/07/11 20:40:05 (JST)

Compound Financeのフロントエンドがフィッシング攻撃で侵害され、ユーザーの資金を抜き取る詐欺サイトが登場しました。今年の最初の2か月で同様の攻撃で既に1億4,000万ドル以上が盗まれており、未然に気づかないユーザーに脅威をもたらしています。しかし、Compoundプロトコル自体は安全であり、既存のユーザー預金の安全性を確保しています。

分散型金融プラットフォームCompoundでは、ユーザーがEthereumブロックチェーン上でトークンを預け入れ、貸し借りできるようになっており、総資産額は23億ドルを超えています。フロントエンドのセキュリティ侵害にもかかわらず、CoinGeckoのデータによると、プラットフォームのCOMPトークン価格は過去24時間でほとんど変化していません。この出来事は、暗号通貨市場におけるフィッシング攻撃に伴うリスクと、デジタル資産を保護するための警戒の重要性を浮き彫りにしています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: