ビットコイン、米インフレ報告前に58,000ドルを維持

By CoinDesk – 2024/07/11 21:10:06 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインの59,000ドル超えの急騰は、市場の楽観論を背景に短期的な上昇を示唆

新しい記事は、米国のインフレ報告書を前にしたBitcoinの価格が$58Kで推移していること、市場がCPIデータを待ちわびていることに焦点を当てています。また、ステークされたetherの増加とその影響についても論じています。一方、類似した記事はBitcoinの急騰が$59Kを超え、市場が慎重な感情を示していることを取り上げています。また、BitcoinマイナーのAIデータセンター建設における役割についても議論しています。両記事ともBitcoinの価格について取り上げていますが、提供される文脈や追加情報は異なります。新しい記事は米国のインフレ報告書とBitcoinへの潜在的影響、そしてステークされたetherの増加に関する情報を提供しており、類似した記事では取り上げられていない新しい事実と分析を含んでいます。

ビットコインは、米国インフレ報告前に$58,000近辺の価格を維持し、一時的に$57,000までわずかに下落しました。市場はCPIデータを待ち、6月に0.1%の上昇を示す見込みで、連邦準備制度の2%インフレ目標に向けた進展を示しています。これにより、金利引き下げの可能性が生まれ、ビットコインなどのリスク資産に利益をもたらすかもしれません。ただし、主要暗号通貨は$59,000を超えるのに苦戦し、回復が停滞していることを示しています。

一方、ステークされたイーサリアムの量は、総供給量の27.7%にあたる33.3百万ETHに達し、過去最高に近づいています。ステークされたETHの増加は、米国でのスポットイーサリアムETFへの関心が高まっていることを示唆しています。ただし、イーサリアムの供給増加はそのインフレ傾向に懸念があり、時間の経過とともに価値保存手段としての役割に影響を与える可能性があります。この問題に対処し、資産の価値提案を維持するために、ステーキングやトランザクション手数料の焼却などの戦略が検討されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: