Bitcoin価格が、6月のCPI報告書のマイナスに続いて急上昇

By CoinDesk – 2024/07/11 21:50:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
ビットコインオプショントレーダーが近期のボラティリティと価格上昇を予測
ビットコイン、米国インフレデータと債券市場のシグナルを待つ

新しい記事と類似した記事はすべて、6月の消費者物価指数(CPI)報告がビットコインの価格に与える影響と、米連邦準備制度理事会による利下げの可能性について論じています。ただし、新しい記事では、CPI報告に続く24時間でビットコインの価格が59,100ドルに急上昇し、ビットコインの価値が2%上昇した具体的な詳細が提供されています。この具体的な情報は類似した記事には含まれていません。新しい記事はまた、S&P 500やナスダックなどの米国株とのビットコインのパフォーマンスを対比しており、これは類似した記事では議論されていません。したがって、全体的なトピックは似ていますが、新しい記事は新しい事実と異なる視点を提供しています。

Bitcoin価格は、6月の消費者物価指数(CPI)報告が予想とは逆に0.1%のマイナスペースを示し、これにより価格は59,100ドルまで急上昇しました。年間CPIは3.0%で、予想の3.1%よりわずかに低かったです。食品とエネルギー費を除くコアCPIは、予想の0.2%に対して6月に0.1%上昇しました。この好ましいCPIデータにより、過去24時間でBitcoinの価値がほぼ2%上昇しました。

市場参加者は、9月中旬の会合で米連邦準備制度理事会(FRB)が基準のfed fundsレートを引き下げる可能性が70%以上であると予想していました。FRB議長Jerome Powellは、労働市場の弱体化や経済リスクの下降を認めつつも、金利引き下げを真剣に検討する前にインフレが2%の目標に達する必要があると強調しました。Bitcoinは、第1四半期に史上最高値を記録した後、さまざまな要因により54,000ドルを下回る価格で取引され、流出が発生しました。

Bitcoinの苦戦にもかかわらず、S&P 500やNasdaqなどの米国株は新記録を達成し続け、これは仮想通貨のパフォーマンスとは対照的でした。歴史的に、持続的なBitcoinの上昇相場は、長期にわたる金融緩和策と同時に起こることが多く、仮想通貨のパフォーマンスと広範な経済トレンドとの相互関係を示しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: