イングランド・ウェールズ法委員会:DAO固有の立法は不要、既存の規則が適用

By CoinDesk – 2024/07/11 22:00:06 (JST)

イングランド・ウェールズ法委員会は、分散型自治組織(DAO)のための新しい法的枠組みは不要であり、既存の規制が適用可能であると述べました。DAOは、特定の投資活動に従事する場合、特にガバナンストークンが株式に似ており、投票権を付与する場合、2000年金融サービス・市場法の対象となる可能性があります。

DAOの法的地位には疑問が呈されており、米国の裁判所が既にこの問題に取り組んでいます。委員会は、DAOの多様な性質から、統一された立法アプローチが適切でない可能性があると強調しました。DAOの構造や定義についての合意がないことから、イングランド・ウェールズでの専門的な法的枠組みの開発に反対する方針を示しました。

報告書によると、DAOに適用される公法は、そのタイプによって異なり、一部は非法人団体として分類される可能性があります。また、DAOに対する法人税や国際的な課税枠組みの検討が提案されました。DAOの分散化された性質にもかかわらず、スマートコントラクトが法的契約を形成できるため、民事訴訟、規制執行、または刑事訴追などの法的措置に直面する可能性があります。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

Share on: