インフレ率が予想よりも低く、株価は横ばい

By Blockworks – 2024/07/11 23:01:19 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
連邦準備制度議長パウエル:高インフレ以外の懸念に対応、次回会合での利上げは予想されず
ビットコイン、米国インフレデータと債券市場のシグナルを待つ

新しい記事は、6月の最新インフレ率に関する情報を提供しており、前年同月比で3%の上昇を示しました。これはアナリストの予想をわずかに下回っています。また、9月に連邦準備制度が利下げする可能性について議論しており、その可能性は83%に上昇しています。記事では、連邦準備制度議長ジェローム・パウエルの慎重な発言や、インフレ報告書に対する米国株先物の平板な反応にも言及しています。最初の類似記事では、パウエルが上院銀行委員会に対して行った演説に焦点を当て、適時な金利調整の重要性を強調しています。また、インフレが緩和されるにつれて利下げの可能性にも言及しています。2番目の類似記事では、米国消費者物価指数(CPI)報告書の予想とそれがビットコインの市場動向に与える影響について議論しています。連邦準備制度による利下げの可能性やインフレデータの市場への影響など、議論されているトピックには重複がありますが、新しい記事には6月の具体的なインフレ率や9月の利下げの可能性の増加など、類似記事にはない具体的な数字や最新情報が提供されています。したがって、新しい記事には新しい事実が含まれており、類似記事とは重複していません。

6月の最新インフレ率は前年比で3%の上昇を示し、アナリストの予想である3.1%をわずかに下回りました。食品やエネルギー価格を除くコアCPIは年率で3.3%上昇し、それぞれ2023年6月以来の最低水準と2021年4月以来の水準を示しています。これにより、9月に連邦準備制度が利下げを選択する可能性が高まり、利下げの確率は連邦ファンド先物市場とCMEグループによると83%に上昇しました。

連邦準備制度議長ジェローム・パウエルの最近の慎重な発言と、予想を下回る6月の雇用統計は、9月の利下げを支持する証拠が増加しています。インフレ報告書の後、米国株先物は横ばいで推移し、S&P 500指数とナスダック総合指数はわずかな上昇を示しました。さらに、インフレ報告書後にはビットコインとイーサの価格がわずかに上昇し、イーサの最近の急上昇は、近い将来にイーサETFが登場する楽観的な見方に起因する可能性があります。

パウエルは最近の議会委員会での出席で、金融政策における「ソフトランディング」の実現に焦点を当て、経済成長を損なうことなく金利調整をバランス良く行うことを目指していることを強調しました。パウエルは具体的なタイムラインを提供することを避けましたが、有利な経済成果を支援する決定の重要性を強調しました。この慎重なアプローチは、市場がインフレデータに対する反応に反映されており、投資家は将来の金融政策決定への潜在的な影響を注視しています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: