米下院、SAB 121決議のバイデン拒否覆すことに失敗

By PANews – 2024/07/12 00:46:40 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米下院、SAB 121のバイデン拒否権覆す可能性:デジタル資産保管サービスへの影響
米下院、暗号通貨保管会計基準に関する投票を実施予定

新しい記事は、米国下院がバイデン大統領のSAB 121に対する拒否権を覆すことに失敗し、SECの暗号通貨会計方針を維持することを取り上げています。また、SECと銀行との間で方針変更に関する協議が続いていることも述べています。最初の類似記事は、米国下院がSAB 121に対するバイデン大統領の拒否権を覆すことを検討しており、デジタル資産保管サービスへの潜在的な影響について言及しています。2番目の類似記事も、米国下院がSAB 121に関する投票を行ったことについて取り上げています。類似記事は投票の潜在的な結果や予想される結果について議論していますが、新しい記事は投票の実際の結果を提供しており、これは新しい事実です。したがって、この記事は類似記事とは重複していないものです。

米下院は、SAB 121決議に関するバイデン大統領の拒否権を覆すことに失敗し、SECの暗号通貨会計ポリシーを維持しました。ウォーターズ議員は、SECと銀行間でのポリシー変更に関する協議が継続していることを指摘しました。2022年に導入されたSAB 121は、管理者に顧客保有の暗号通貨を負債として記載することを義務付け、業界で懸念を引き起こしています。この決定は、下院の投票が成功しなかったことに続き、SECと銀行間でSAB 121によってもたらされる課題に対処するための協議が行われています。政策が管理者やデジタル資産の保護に与える影響は変わらず、将来の影響が検討されています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: