米下院、バイデン大統領のSEC拒否権を覆すことに失敗

By CoinDesk – 2024/07/12 00:50:05 (JST)

ℹ以下の既報と関連が深い記事です
米下院、SAB 121決議のバイデン拒否覆すことに失敗
米下院、SAB 121のバイデン拒否権覆す可能性:デジタル資産保管サービスへの影響

新しい記事と類似した記事は、SECガイダンスSAB 121に関連する法案に関するバイデン大統領の拒否権を米国下院が覆すことに失敗したことについて議論しています。この決定が暗号通貨業界に与える影響やSEC、銀行、暗号通貨業界との議論について言及しています。ただし、新しい記事には類似した記事にはない追加情報が提供されています。具体的な投票数(賛成228、反対184)、異議を唱える共和党員の関与、暗号通貨業界の著名人が議員やホワイトハウス代表との協議に参加していることが言及されています。これらの詳細は類似した記事にはなく、新しい記事はその出来事の報道においてユニークです。

米下院は、バイデン大統領が支持するSECの論争のあるガイダンスであるスタッフ会計基準121号(SAB 121)を終了させるための法案の拒否権を覆すことに失敗しました。両党の支持を得ながらも、賛成228人、反対184人(うち1人は共和党)という2/3の過半数に達しませんでした。SAB 121は、銀行が顧客の暗号資産を自社の貸借対照表に保持するよう勧告し、これにより暗号通貨の取り扱いに伴う資本要求の増加への懸念が生じました。

SECは、銀行業界代表者との間で政策の修正に向けた交渉を行っていますが、共和党は大統領の介入を否定する取り組みを進めました。議論は、SAB 121がSECによって懲罰的で欠陥があると見なされているという両党の合意を浮き彫りにし、デジタル資産の取り扱いに関する懸念が示されました。バイデン大統領は、議会審査法を通じて政策を覆すための両党の取り組みにもかかわらず、SECの将来の問題に適切なガイドラインを設定し、対処する能力を制約することを防ぐことを主張しました。

暗号業界の著名人たちは、立法者やホワイトハウス代表との間で議論を行い、業界の懸念を解決し、セクターを支援するために努めました。業界は、共和党との一致を示す強いシグナルをホワイトハウスから求め、規制環境を効果的に航行するために理解と協力の必要性を強調しました。投票の結果と継続的な議論は、政策立案者、規制当局、暗号業界の間の複雑なダイナミクスを反映して、将来の規制の形成に影響を与えています。

※これは引用元記事をもとにAIが書いた要約です (画像の権利は引用元記事に記載のクレジットに帰属します)

(β版: 記事が長い場合は動かない可能性があります)

類似記事

Share on: